余市・小樽 北海道1日目

でっかいど~!の北海道新千歳空港に10:15到着。

まず予約していたレンタカーやさんへ。

他より1万円ぐらい安くあげるためそこにしたのですが、なるほどわかった・・・。

10万km近く走っているなかなかの代物です。

空港から離れたところに営業所があったので、バスを待って移動して手続きして・・・と

結構時間をロスしましたが、まず計画していた小樽IC下りて少し走ったところにある

ラーメン「初代」へ。車が結構止まっていて、少し待っている人も。

c0234728_1295159.jpg


c0234728_1213974.jpg


醤油と白たまり醤油を注文。

c0234728_12102415.jpg


白たまり醤油は、白ワインベースに、天日塩、白たまり醤油、貝類等を煮込み、

鮭の魚醤を隠し味に鶏油で仕上げたもので、1日30食限定の品。

これは美味しかった~。醤油はちょっと辛かったけど。

他にも塩が美味しそうだったので、また来ることがあればそれにしよう。




今日のメイン「余市ニッカウヰスキー蒸溜所」に電車で行くために、小樽駅からふた駅もどった

小樽築港駅近くにある今夜の宿「ホテルグランドパーク小樽」に車を置きに行きます。

「ホテルグランドパーク小樽」はショッピングモールと隣接しています。

いざ余市へ。

ICOKAで改札を通ったものの、降りる余市駅はICカードは使えないということが途中でわかり、

どきどきしていました。2両編成のローカル線は、途中の駅では運転手さんが切符を受け取り、

改札もないようなところからお客さんは駅の外へ。

どうなることかと思っていましたが、余市駅は比較的大きく、

窓口の駅員さんがICOKAに小さな電卓のようなものをかざし、支払うことができました。

料金支払済み証明書を、次カードを使用するときに渡す仕組みになっていました。 



すこし歩くと、着いた!!  「ニッカウヰスキー余市蒸留所」がありました。

あの「マッサン」の舞台です!!

c0234728_12343025.jpg


c0234728_12343917.jpg


c0234728_12345061.jpg


入場料無料で、到着後すぐ、予約していた無料見学案内が始まりました。

蒸留棟、発酵棟、貯蔵庫、旧竹鶴邸、リタハウスなど、とても丁寧な案内でした。


1934年に創業者・竹鶴政孝によって設立され、今もなお余市モルトを作り続けています。

広大な敷地の中にある建造物や心癒される緑が、

竹鶴の夢と情熱、妻リタとの歴史を感じさせます。



c0234728_12464079.jpg



c0234728_13364882.jpg



c0234728_12471836.jpg



c0234728_12405153.jpg



c0234728_12413891.jpg



c0234728_12415662.jpg



c0234728_1243467.jpg



c0234728_12435570.jpg



c0234728_12442938.jpg



c0234728_1246648.jpg



「竹鶴」「Super NIKKA」「アップルワイン」の3種類を1杯ずつ、ロック、水割り、ソーダ割りなど

で試飲できます。家で飲むより美味しい!おつまみがほしいぐらい。


c0234728_1247495.jpg



いや~来てよかった!  「マッサン」をもう一度見てみたい・・・。




帰りの電車までたっぷり時間があり、ぶらぶら散歩して、また電車に揺られ小樽に戻りました。





c0234728_1317560.jpg



c0234728_13172131.jpg




歩き疲れ、お腹もすいたので「小樽ビール 小樽倉庫No.1」へ

c0234728_13163194.jpg



c0234728_13174535.jpg



c0234728_1318554.jpg



c0234728_13192673.jpg



c0234728_13195929.jpg






まだお腹に余裕があったので、小樽ニュー三幸本店で三幸海鮮あんかけ焼きそばを

いただきました。美味しかった~! 美味しいって、なんて幸せなんでしょう。


c0234728_1324760.jpg






電車ふた駅乗って、ホテルへ。 1日目終了、おつかれさまでした。
[PR]

by kyoko-322 | 2015-08-10 12:12 | 旅行 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード