カテゴリ:旅行( 66 )

清里、原村、車山 信州はやっぱりいいね~





3泊4日の旅行も、最終日になってしまいました。

目覚めて真っ先に外を見ると、八ヶ岳の稜線の向こうにかすかに富士山が見えます!

c0234728_20324681.jpg

このあたり、お盆などはずっと雨だったらしく、4日間晴れたことは本当にラッキーでした。


朝食までの間、向かいのスカイパークホテルまで1時間ほど歩きました。


c0234728_20374040.jpg

スカイパークホテルから、赤い目印のローザンヌが一目でわかります。

c0234728_20375994.jpg

歩いた後にいただく朝食は、一段と美味しいものです。



c0234728_20382496.jpg



c0234728_20383417.jpg

朝食をいただいて、間もなくチェックアウト。




蓼科に来ると必ず寄るのが、ジェラートピッコとお蕎麦「黙坊」さん。

予約をしていたので、11時の開店までの間、蓼科湖そばの公園を歩きました。



c0234728_20384907.jpg


黙坊さんはお蕎麦の打ち加減、蕎麦粉の香り、つゆの塩梅、食器類の品の良さなど、

私たちの中では、総合的に一番なのです。

ぜひ、新そばの時期に来てみたい。


c0234728_20385962.jpg


蕎麦がきはふんわりもっちりとして、辛み大根と削りたてのかつお節との相性もバツグン。

c0234728_20390677.jpg


満足した後は、去年自宅まで案内してくれた革細工のおじさんのお店へ。

なのに、自宅に案内してくれたこと忘れるなんて、びっくり。




次は、今まで前は通っても行ったことのなかった「蓼科高原バラクライングリッシュガーデン」へ。

ガーデンや建物は古くなってきており、見頃の過ぎた花もあってやや華やかさには欠けますが、

朝夕が涼しくなって、丁度咲き頃のお花もたくさんありました。


c0234728_20392901.jpg



c0234728_20394511.jpg



c0234728_20393881.jpg



c0234728_20400026.jpg

海外ジャズ&ポップスのシンガー、マルレーヌ・ヒルのミニライブがあるというのも、ここに来た理由です。

和田あっこさんほどの大きな方で、6曲ほどパワフルな歌声を聴きました。

c0234728_21004425.jpg


こちらでは、ガーデニングショップでドイツ製の芝刈り用ハサミを購入。




ローザンヌのオーナーさんがピッコより美味しいと一押しだった「グラスリーぺぱん」は残念ながら定休日。

次回は、ぜひ食べ比べてみようと思います。

たてしな自由農園で野菜とワインを買い込んだ後、革細工のおじさんが教えてくれた岡谷のショップへ。

消防のホースを材料にしてかばんを作るという「FIRE HOSE PRODUCTS」。

クーラーのない暑い工房で一人、注文品の製作に追われているとか。商売って厳しいな…。



いつものうなぎやさんは臨時休業で、他のお店もどこも売り切れ。

残念ですが、今年はあきらめよう。



出発した日の中央道通行止めは、次の日には復旧していて、岡谷ICから帰途に着きました。

途中、激しい雷雨にちょっとビビりましたが長くは続かず、渋滞もなく、無事神戸に到着。



楽しみにしていた旅行が、あっという間に終わってしまいました。

半分行き当たりばったりでしたが、天気に恵まれ、お宿にも恵まれ、美味しいものいっぱい食べて、

大満足の信州3泊4日になりました。



やっぱり信州はいいなぁ~。












[PR]

by kyoko-322 | 2017-09-03 23:01 | 旅行 | Comments(0)

清里、原村、車山 信州はやっぱりいいね~


朝食前に「原村高原朝市」に出かけました。

ペンション村近くで、夏休み期間毎朝6:30~8:00の間お店が並んでいます。

布製品、革細工、野菜、食器、ジャム、スイーツ、サンドイッチ、etc・・・。

c0234728_12271714.jpg

飾り用のインディアンコーンと、草花の苗をそのまま飾れる額を買いました。




宿に戻るとすぐ朝ご飯です。

お出汁の香りが日本人にはうれしい!


c0234728_12355871.jpg

土鍋炊きのごはん、素朴な味のお味噌汁、脂ののった鮭、地元の野菜の小鉢・・・。

どれも美味しくて、夫は今までの宿の中で一番美味しいかもと感激でした。

夕食が美味しい上に朝ごはんも美味しい宿は、ポイントが高い!

朝市のある夏休みにまた来たいお宿になりました。

c0234728_12422614.jpg



チェックアウト後、たまたま寄った「Heart Village」が素敵でした。


c0234728_12521814.jpg

靴をはじめ、コットン小物、雑貨・・・対応してくれたお店のオーナー友枝圭子さんがフェルト作家ということがわかり、

土曜日のTV番組「住人十色」では、ご自宅兼アトリエが紹介されるとか。

小物雑貨はどれも素敵なんだけどちょっとお高かったので、履き心地の良かった靴を購入。



c0234728_12564712.jpg



たてしな自由農園や革細工のお店、八ヶ岳実践大学校に寄ったあと、お蕎麦「香草庵」へ。

c0234728_12570618.jpg

人気のお蕎麦屋さんでしばらく待って美味しいせいろをいただきました。


c0234728_12571874.jpg



次は「ジェラートピッコ」。大好きな”しぼりたて牛乳”を食べると、やっぱりここが一番。




3日目のお宿は車山です。

雲がかかっていたけど、車山展望リフトで頂上を目指そうと乗り場へ急ぎます。


途中の白樺湖。

c0234728_13043502.jpg

リフトに向かう途中一瞬見えた、赤い玄関が今日泊まる「ローザンヌ」。
c0234728_13044421.jpg


c0234728_13115737.jpg
リフトに15分乗ると山頂に着きます。


c0234728_13122144.jpg

頂上に近づくと、どんよりした雲が迫ってきました。

c0234728_13130267.jpg

車山気象レーダーのある山頂は1,925m。

c0234728_13141367.jpg

少し降りるだけで再び明るくなりました。


c0234728_13134048.jpg



すぐに「ローザンヌ」に到着。


c0234728_13212280.jpg
お部屋からの眺め、八ヶ岳は隠れてしまいました。

c0234728_13231059.jpg


少し休憩したら、夕食の時間になりました。

レストランはアルストロメリアをはじめ、たくさんのお花で飾られています。

c0234728_13214057.jpg



今夜のフルコースです。

c0234728_13222209.jpg



c0234728_13222978.jpg



c0234728_13223803.jpg



c0234728_13224570.jpg



c0234728_13225341.jpg

お食事はどれも美味しく、満足でした。




ここは、車山の宿では数少ない温泉に入れます。

お湯にゆっくりつかって・・・、

楽しかった旅行も、いよいよ明日が最終日。



明日も晴れますように・・・。








[PR]

by kyoko-322 | 2017-09-02 13:37 | 旅行 | Comments(0)

清里、原村、車山 信州はやっぱりいいね~


私にしてはめずらしく頑張って早起きし、おすすめコースに挑戦です。

目印になる別荘近くの小道を抜け、天女山登山道の入り口から展望台をめざしました。


c0234728_22232020.jpg

しかし、残念ながら周りは霧に囲まれ山が全く見えませ~ん。


ラジオ体操をして、朝の空気をいっぱい吸い込んで…。

c0234728_22235351.jpg




c0234728_22274876.jpg

山を下って、森を抜けて、広大な牧場がど~んと現れました。


バークさんに戻ると嬉しい朝ごはんです。

c0234728_22311176.jpg

野菜たっぷりのスープと卵のココット、

オーナー林さんのお友達のお店のボンレスハムと、焼き立てパン、どれも美味しかった!


c0234728_22312499.jpg

「次回は、山登りの初級コースを案内してあげるから、ぜひ秋に2泊でいらっしゃい。」と…。

来れたらいいけど、無理だろうなぁ。

あちこち泊まったけど、こんなにペンションの方とお話ししたのは初めて。

出発前に一緒に写真を撮ったらよかった…、残念。

ちなみにこのペンションの1軒向こうには、三浦友和さんのお姉さんのペンションがあるのです。




本日1か所目は、林さんおすすめの「平沢峠展望台」です。

野辺山近くを通り、到着。


c0234728_22315364.jpg
 
あいにくのガスで隠れていますが、晴れたらこんな風に全貌が眺められる場所なのです。




c0234728_22471521.jpg
左右の稜線が八ヶ岳の山々を連想させます。

c0234728_22511982.jpg


八ヶ岳の反対側は、遠くまで見渡せます。

c0234728_22320735.jpg

次は、広い広いレタス畑を抜けて、川上村のこれもおすすめのお蕎麦屋さん「善慶庵」へ。

私たちが本日の1番目のお客だったようです。

c0234728_22530981.jpg

新鮮なレタスと、さっとゆがいたエンドウ、そば粉のあっさり羊羹が先に出されました。


c0234728_22532517.jpg


おばあちゃんが打った田舎蕎麦で、蕎麦の香りもしっかりして、素朴で美味しかった~。

みるみる満席になって、お店を出ると行列でした。


c0234728_22533363.jpg


次は、レタス畑をめざして戻ります。


これはハクサイ畑。立派です。

c0234728_23021183.jpg



踏切を車で渡りながらパチリ!

c0234728_23031313.jpg

JR日本最高地点にある野辺山駅。

c0234728_23033396.jpg



今回乗ってみたかった八ヶ岳高原鉄道は、次来たとき乗ることにしましょう。


c0234728_23052168.jpg


ソフトクリームが食べたくなって、日本一美味しいと言われている

ヤツレン 八ヶ岳野辺山高原牛乳工場、通称ポッポ牛乳工場へ。


c0234728_23081776.jpg

なるほど、白いソフトの中では一番おいしいかも。




次は小淵沢に向かいましょう。


ゆずの北川さんが結婚式を挙げた「身曾岐(みそぎ)神社」へ。auのCMロケ地にもなっています。

c0234728_23153394.jpg


静かな林をバックに重厚なお社が水に浮かび、めずらしい能の舞台が何とも神秘的。



c0234728_23222348.jpg



c0234728_23223920.jpg



c0234728_23225621.jpg



c0234728_23230719.jpg

このあと「リゾナーレ八ヶ岳」をぶらっとして、今夜のお宿の原村へ向かいます。




原村ペンション村からは少し離れている「もえぎ野山荘」に到着。

この宿は、吹き抜けの間でクライミングができるようになっています。


c0234728_23300246.jpg



c0234728_23301372.jpg

さっそく夫は初チャレンジ。いい感じに登って行ったのですが…、途中どうしても手が届かずリタイヤ。


悔しがる夫。 神戸のボルダリングジムで練習を積んで、リベンジしてもらいましょう。




このお宿は、1日2組限定ということで、この日東京からの若いご夫婦とご一緒することに。

カウンターに座る私たち4人と、料理を作るご主人とでおしゃべりしながら、

美味しい食事とお酒をいただき、なんと18時から21時半近くまで、楽しい時間を過ごさせてもらいました。

c0234728_23383505.jpg


c0234728_23384350.jpg


c0234728_23385290.jpg


c0234728_23390185.jpg


c0234728_23390828.jpg


c0234728_23392171.jpg


c0234728_23392914.jpg
このお蕎麦がなかなか美味しかったのです。

c0234728_23393929.jpg
夕べは洋食、今夜は和食。連日のご馳走に、なんと幸せなことか…。



ここはテレビがありません。明日は朝から原村高原朝市に行くので、早く眠ることにいたします。





[PR]

by kyoko-322 | 2017-08-27 23:54 | 旅行 | Comments(0)

清里、原村、車山 信州はやっぱりいいね~



お盆を避け、一週間ずらしての旅行は、今年も信州。

温泉、山、お蕎麦、避暑、ジェラート…、何度行っても魅力はいっぱいです。

宿泊は、ペンションばかり3泊で、悩んで、探して、ここ!というお宿に決めました。



土曜の早朝に神戸を出発。東の空が神秘的です。

c0234728_21322195.jpg


c0234728_21322972.jpg





前日の夜出るつもりが遅くなり、

もし早く出発していたら中央道の土砂崩れに巻き込まれていたかもしれません。

瑞浪ー恵那IC間が通行止めのため、伊勢湾岸道ー新東名を通って甲州方面から清里に向かいました。


新清水ICで下り、初めての田舎の地道を通り、道の駅で休憩。

山梨県富士川クラフトパーク・切り絵の森」に寄って食べたシャーベットタイプの桃ソフトはまさに桃!



c0234728_21324194.jpg


見えた~八ヶ岳~!!

c0234728_21330088.jpg

中央道須玉ICで下り、信州での昼食、お蕎麦の1日目は「平打蕎麦 やつこま」。

平麺パスタのようで、やや緑がかった初めて見るお蕎麦です。


c0234728_21320031.jpg



c0234728_22393762.jpg

太い分、よーく噛んで食べると甘味が増します。




次は「明野のひまわり畑」へGO!

8月の後半だったのもあり、終わりかけのひまわり畑もありましたが、

時差植えのひまわりがまだまだ色鮮やかに咲き乱れています。


c0234728_21392467.jpg

映画「今、逢いに行きます」でも登場した、それはそれはすばらしいひまわり畑。

20以上の畑があり、看板にはどこが満開かの表示もされています。


c0234728_21400059.jpg


ラッキーなことに、うっすら富士山も見えました。

c0234728_21412730.jpg



c0234728_21481474.jpg



さあ、いよいよ清里に向かいます。

まず、ネット検索して見つけた、いい雰囲気の革工房「メリーマック」へ。


c0234728_23021256.jpg


お店に並ぶ小物やかばんはどれもクオリティが高く、素敵なものばかり。

お店のご主人や奥様と少しお話をして、息子さんの営む革細工のお店にも寄り、

今夜のお宿は、ペンション「バーク清里

c0234728_21575721.jpg

静かな森の中に佇む、大人の雰囲気の宿で、他に3組11名が泊まられていました。

館内には、オーナーのご主人が描かれた立派な絵画があちこちに飾られています。


c0234728_22045518.jpg


c0234728_22055643.jpg

夕食が始まると、クチコミの評判通りユニークなご主人との会話と

奥様が作られる美味しいお食事で、4組が集う空間が温かい雰囲気に包まれます。

c0234728_22132696.jpg



c0234728_22133410.jpg



c0234728_22134245.jpg



c0234728_22135954.jpg



c0234728_22140993.jpg



どのメニューも奥様のお人柄が表れているような優しい味で、トロっトロのお肉のビーフシチューは習いたいくらい。



次の日の朝の散歩コースを聞くと、筆ペンでさらさらと描きながら説明してくれて、

あっという間に二人の似顔絵も描いてくれました。


c0234728_23365621.jpg



8月に入ってずっとお天気がさえなかったそうですが、この日はラッキーなことに綺麗な星が見えました。




明日は、早起きして天女山に登ります。









 



[PR]

by kyoko-322 | 2017-08-24 22:28 | 旅行 | Comments(0)

ゴールデンウィーク 思い切って北海道! 3日目



最終日の朝、富良野の朝はやや曇り。

朝食ブュッフェは、海のもの、山のもの、朝からいくらたっぷり海鮮丼。

珈琲が飲めないくらい食べました。

チェックアウトして、「風のガーデン」へ。

今の季節、まだお花が咲いていないのでと、秋までにもう一度入園できるチケットをくれました。



c0234728_23045057.jpg





c0234728_23042787.jpg



c0234728_23051253.jpg



c0234728_23053632.jpg




c0234728_23064363.jpg




夏に来たら、植えたばかりのお花たちが立派なお花畑になっているのですね。

またの機会にとっておきましょう。




ドラマ「静かな時間」の舞台になったという、カフェ「森の時計」

開店時間までは待てないな…。ここもまたの機会に。


c0234728_23112873.jpg


新富良野プリンスホテルを後にして、「カンパーナ六花亭」「ふらのワイン」に寄って、

かばんのいたがきの店員さんが美味しいと言っていたカレー屋さんをめざします。





「唯我独尊」に到着すると、すでに行列です。


c0234728_23142359.jpg

ツリーハウスのような、ちょっと大丈夫?と思ってしまう店構えで、

薦めがなかったら自分たちでは入らないような個性的なお店です。

みんなが注文しているオムカレーとソーセージ付きのカレー。


c0234728_23144105.jpg



食べ慣れてない独特な風味のルーでしたが、これはこれで美味しく、くせになる味。




あとは、夕方の飛行機に間に合うように、道の駅に寄りながらゆっくり帰ります。

最近の旅行は、毎回どこかで忘れ物をするのですが、

今回は忘れ物はなかったものの…。



GW最終日の夜に神戸に到着。次の日からの仕事は憂鬱ですが、しかたない。

思い切って出かけるのも、たまにはいいものです。



いつか10日間ぐらい、仕事を気にせずのんびり北海道をまわりたいものです。




(この最終日の投稿に3週間かかってしまったのは、

実は疲れがたまり、ひどい風邪を引いてボロボロだったからなのでした。)












[PR]

by kyoko-322 | 2017-05-28 23:33 | 旅行 | Comments(0)

ゴールデンウィーク 思い切って北海道!2日目



洞爺湖での2日目は、残念ながら曇り空。

朝食は和食を選びました。

何とも品のある品々で、なかなかの朝食です。

お味噌汁には小粒の殻つき帆立貝が。


c0234728_21422209.jpg




チェックアウトするころには、結構な雨が降って、洞爺湖は全く見えません。


c0234728_21454040.jpg

前回寄ったジェラート屋さんの牧場。

ジェラートには目がないのですが、雨降りの寒い朝からさすがに食べれません。




札幌市内の革細工のお店に寄った後、美味しいラーメン屋さんを検索して入った「吉山商店」

最近安倍首相が来たらしい写真がありました。次から次とお客さんがやってきます。

どうも人気のラーメン屋さんらしく、30分ほど待って、いただいた味噌ラーメンはなるほど美味しい!

お店の方もとてもいい感じ。

c0234728_21583168.jpg



c0234728_21584256.jpg



腹ごしらえが済んだら、いよいよ今回の旅行のきっかけになった、革鞄の「ソメスサドル」へ向かいます。

なぜこんな田舎に高級ブランドのかばん屋さん?という感じでしたが、

馬具と鞄のお店で、晴れていたら馬たちが駆けまわっていたのかもしれません。


c0234728_21521776.jpg


c0234728_21524728.jpg

広大な敷地に煉瓦の建物と美しい芝生。

お財布ひとつで、ん万円! 買うつもりはもともとなかったので見るだけで十分なのです。



そこから富良野に向かう途中で、鞄の「いたがき」にも寄りました。

同じぐらい高価なバッグや小物ばかりが並んだお店でしたが、

店員さんといろいろ話せて、併設のカフェで珈琲をご馳走してくれて、

どうすれば糸目がそろうかなんて初歩の質問にも、わざわざ製作チーフを呼んで、教えてくれました。

ドイツに住んでいる女性社長さんがたまたまお店にいてお話もできました。

一緒に制作できるイベントにはぜひ来たいものです。


そこから1時間走り、新富良野プリンスホテルに到着。

立派なホテルなんだけど、ウィンザーに泊まると、良さそうなホテルでも「・・・」になってしまいます。



c0234728_22475555.jpg



夜は春のおすすめメニュー、旬のアスパラガスとチーズづくしのコース。


c0234728_22453768.jpg


c0234728_22461232.jpg


c0234728_22463182.jpg


c0234728_22464908.jpg


c0234728_22471525.jpg


どれも美味しく、1品ずつは少なめでしたが、十分お腹いっぱいになりました。


c0234728_22523571.jpg

森に並んだログハウスのクラフトショップ。

お風呂はクチコミ通り、遠くて、ややこしいのが残念。


明日は最終日。どこに行くかは決まっていません…。








[PR]

by kyoko-322 | 2017-05-21 23:01 | 旅行 | Comments(0)

ゴールデンウィーク 思い切って北海道!


びっくりするぐらい飛行機のチケットが安く買えるので、

悩みに悩んで出かけることにしました。

GWなか日の朝出発、最終日の最終便で戻ります。

旅行の目的は、もう一度行きたかった洞爺湖「カフェゴーシュ」と、

たまたまホームページで見つけた革鞄の「ソメスサドル」。

2泊3日なので広範囲には移動できないので、

1日目はこの日しか開店していない「カフェゴーシュ」へ。



休憩したPAから眺める山。

c0234728_00015368.jpg

昼食は、室蘭で美味しいラーメン屋さんを検索し、「蘭たん亭」に決定。


c0234728_00040721.jpg
室蘭ラーメンは、カレーラーメンなんだって。

15分ぐらい並んで、カウンターへ。

お薦めらしい3品を食べました。夫は汗だく!

c0234728_00032630.jpg



c0234728_00033727.jpg



c0234728_00034997.jpg


濃いけどなかなか美味しかった~。お店の選択、正解!




お腹いっぱいになった後は、室蘭の観光名所「地球岬」へ。

ここも駐車場が満車でしばらく待ちましたが、すぐに展望台に上がれました。

c0234728_00100797.jpg

c0234728_00094242.jpg

海の向こうは函館です。まだ見ぬ函館、待ってろよ~。




さあ、洞爺湖をめざします。

有珠山や昭和新山も綺麗に見えます。


c0234728_00115473.jpg

5年ぶりぐらいの洞爺湖、カフェゴーシュに到着。また来れたなんて、静かに感激です。


c0234728_00140699.jpg

何とも言えない、広い空と、遠くの雪山と、青い湖、ぽっかり浮かぶ中島に、緑の草原。

こんな素敵な所、売地があったら買うのになぁ・・・。


c0234728_00215236.jpg


ネルドリップでゆっくりゆっくり入れてくれる、とびっきり美味しい珈琲と、

シフォンケーキをいただきました。

写真撮影禁止なので残念ですが、今までで一番美味しい珈琲でした。


c0234728_00212285.jpg



チェロの音が静かに流れる空間で、ずっとここにいたい心地よい時間でした。



今宵の宿は、こんなに早く実現するとは思っていなかった「ウィンザーホテル洞爺」。


4月が目の回る忙しさだったので、贅沢することを許してもらいましょう。


洞爺湖サミットのあったすっごいホテルです。


c0234728_00252027.jpg

そびえ立つ、ウィンザー!!


c0234728_00254566.jpg

部屋からは、さっきとは違う湖の景色が広がります。


c0234728_00260537.jpg


富士山のような羊蹄山も綺麗に望めます。


c0234728_00261725.jpg



c0234728_00291573.jpg

c0234728_00295703.jpg


お城のような贅沢な空間。大理石の階段で思いっきりこけた私…。



c0234728_00294643.jpg

最上階のビュースペースで夕日が沈むのをのんびり待ちます。


c0234728_00301895.jpg



c0234728_00302612.jpg


c0234728_00303811.jpg



ホテルのレストランはどこも、ん万円ぐらいするので、「1泊朝食のみ」にしました。




晩ごはんは洞爺湖温泉まで30分走って、海鮮ダイニングへ。


c0234728_00370780.jpg


ほたて貝がいつも食べるのとは全然違う。いくらもぷっちぷち!



c0234728_00371842.jpg




c0234728_00373491.jpg

行者にんにくの入った松前漬けと、かすけという魚の煮つけをサービスしてくれました。


どちらも初めての味で、意外と美味しかった。






ホテルに戻ると、ホールに響き渡る弾き語りの洋楽にうっとり…。

c0234728_00412629.jpg

どこにも人影がありませんが、品の良さそうな欧米のお客さんがあちこちに…。

温泉にもゆっくりつかって、1日目が終了。



明日は、富良野に向かいながら、革鞄やさんめぐりです。











[PR]

by kyoko-322 | 2017-05-18 00:52 | 旅行 | Comments(0)

カニとカバンの1泊旅行


久しぶりのカニ旅行。

途中、かばんの街豊岡に寄りました。

平日とあいにくの雨で、かばんストリートは人通りもまばら。

夜に備えて早めの昼食をと思うのですが、お蕎麦屋さんすらありません。

「ima CAFE」でランチにしました。


c0234728_11162256.jpg


c0234728_11163953.jpg



いざ、かばん屋さんへ。

まず入ったお店が「Keiichiro sence」

かっこいいけど値が張りすぎるし、他を見てから・・・、と次のお店へ。


いろいろおもしろそうなお店に入ったのですが、いいと思うカバンはどれも4,5万円します。

それならもう1回行ってみようということで最初のお店に戻ると・・・。


どうもそのお店の商品のデザイナーらしい人が慣れない店番をされていて、

話を聞いていると、レディガガの衣装や靴、首相夫人も購入したバッグなどをデザインされている

世界的に活躍されている方のようです。

300万円するバッグも持たせてもらって写真を撮ったあと、

わずかな傷のために20%OFFという、この本店ならではの特典で

気に入ったバッグを安く購入することができました。



通りにはカバンの形の自動販売機も。

珍しいカバンの販売機もあります。

c0234728_11314062.jpg




その後、古い修理屋さんでゆっくりお話をさせてもらいました。



丹後久美浜にある民宿「坂本屋」に向かいます。

カニシーズン最終のぎりぎり滑り込みという感じでしたが、

もうしばらく食べたくないと思えるほど、二人で黙々と食べました。

c0234728_11531050.jpg


カニみそ入り甲羅酒もうま~い!

一人3匹分食べたとか・・・。




朝食のお味噌汁にはしっかりカニの爪が。

c0234728_11503750.jpg

次の日の朝、まだまだ寒~い日本海でした。


c0234728_11450100.jpg

帰りには、昨日行けなかった豊岡のカバン団地へ。

結局、夫が目的の革細工の部品などは小売りしておらず、

道の駅に寄って、安いお野菜をたくさん買って帰りました。





[PR]

by kyoko-322 | 2017-04-02 11:51 | 旅行 | Comments(0)

伊勢志摩旅行 2日目



朝食は品数たっぷりのバイキングで、朝から満腹。


賢島を後にし、伊勢神宮内宮へ。

神宮の周辺道路は規制があり、お正月の間駐車場も離れたところにあります。

父の体のことを伝えると、手帳があればと鳥居すぐ近くの駐車場に案内してもらえました。


c0234728_11363723.jpg

後ろから次から次と波のように参拝客が押し寄せます。


ゆっくりゆっくりこけないように砂利道を歩き、


c0234728_11384508.jpg

ようやく本殿に到着。

c0234728_11391298.jpg



c0234728_11403049.jpg



帰りにはお神酒や甘酒をいただき、おはらい町通りを散策。


c0234728_11423601.jpg


雰囲気を十分満喫し、赤福餅を買って、さあ帰りましょう。


c0234728_11453259.jpg
今年は酉年、太陽の塔がとりさんに見えます。




c0234728_11464203.jpg

両親の体調にちょっと不安はありましたが、無事、旅行を終えることができました。



「これはすっごいことよ!」

母は旅行ができたことで、自信がついたようでした。












[PR]

by kyoko-322 | 2017-01-15 11:55 | 旅行 | Comments(0)

伊勢志摩旅行


大きな病気をしていた夫の母が、少しずつ元気が出てきたというので、

以前から体が不自由な夫の父も一緒に、4人でどこか温泉にでもと計画しました。



伊勢志摩サミットで注目された賢島は一度行ってみたかった所で、

温泉にも入れるし、伊勢神宮参りもできるので伊勢方面に決定。

車で3時間は年寄りにはちょっとしんどいかもですが、

身内とならいつでも途中休憩できるからと、

久しぶりの1泊2日の旅行が実現しました。



ほぼ到着手前で入ったお店が定食のみだったのでとろろ丼を注文すると、

とろろの下にはたっぷり鮪が隠れていてびっくり。

この地方独特のメニューのようです。


c0234728_10344600.jpg


父はかきフライ定食を一人でぺろり!

食べることにいつも苦労している母も、食べやすいと頑張って食べています。


c0234728_10380717.jpg



英虞(あご)湾が一望できる横山展望台にのぼると、

リアス海岸の入江や無数の島々が眺められます。

こんな形をつくった自然の力よりも、

大昔神様が作ったかのような、神秘的にすら感じられました。


c0234728_10401231.jpg



c0234728_10401865.jpg


ホテルのすぐ近くに賢島エスパーニャクルーズの遊覧船乗り場があり、約50分優雅にクルージング。

緑の島々や真珠の養殖いかだを間近に眺めました。

c0234728_10410072.jpg

途中、一旦下船して10分間の真珠の養殖の見学。

c0234728_10491559.jpg


真珠の核になるものを貝の中に埋め込む作業の説明です。


c0234728_10494600.jpg


今宵の宿は、サミットの時に議長国会見が庭園で行われ、安倍首相が宿泊された「賢島宝生苑」。


c0234728_10573215.jpg



c0234728_10561226.jpg

さすが館内もお庭も最高です。


c0234728_11112680.jpg




宿のご配慮でEV近くにしてもらえたお部屋からは素晴らしい夕焼け空が望めました。

c0234728_10562630.jpg

c0234728_10564605.jpg


夕食は舟盛りから始まり、どかーんと伊勢海老にびっくり!!


まだまだ家では体調がすっきりしない母ですが、元気にピース。

c0234728_10565695.jpg

食事を写真におさめるのをすっかり忘れていたのですが、

大食いではない私たちには程よい量で、美味しくいただきました。



何より温泉のお湯が素晴らしく、今までに味わったことのないつるりとした感触。

露天風呂は強風でしたが眺めもよく、このお湯、また来たい!と思いました。



明日は伊勢神宮参りです。




[PR]

by kyoko-322 | 2017-01-15 11:13 | 旅行 | Comments(0)