信州 安曇野から白馬へ




2日目穂高ビューホテルをチェックアウトし、白馬に向かいます。




途中、前から行きたかった大町にある「劇団四季記念館」へ。

山に囲まれた静かな村の中に、大きなたくさんの倉庫が現れ、その中に資料館はありました。

館内には数人のお客さんがいるだけでゆっくりまわることができ、

半世紀を超える劇団四季の歩みを模型、写真などの関連資料から知ることができました。


白馬に到着するとまずジェラートショップ「花彩(はないろ)」へ。

別荘地の林の奥へ奥へと車を走らせると、小さなお店があり、たくさんのお客さんが。

みんな考えることは一緒のようです。

私は、しぼりたて牛乳とナッツ&ブランデーケーキのダブルを注文。


c0234728_10385536.jpg

おいしい!これは、蓼科の「ピッコ」の次に踊り出た!


次は、2回ほど行ったことのあるスキージャンプ台へ。

c0234728_10534739.jpg



c0234728_10545808.jpg



c0234728_10540004.jpg


こんな高い所から滑って飛んで、急斜面に着地するジャンパーは本当にすごい。

お盆のせいか、ジャンプの練習をしている人がいなかったのが残念。



c0234728_10542998.jpg


村の中をまわり、ショップに立ち寄り、エコーランドにあるペンション「ベルニナ」に到着。

楽しみにしていた夕食は、期待を裏切らないとても美味しいお料理でした。



桃の冷たいスープは、デザートのようだけどデザートではない、上品なスープ。


c0234728_20301892.jpg




c0234728_10394210.jpg




c0234728_10395431.jpg




c0234728_10400670.jpg




c0234728_10401747.jpg


来るたびにさびれているように感じる白馬、冬は海外からのスキー客で通りがごった返すほど賑わうとか。

夏はcloseのオーストラリアオーナーのペンションがすごく増えてきているらしい。

夏との違いを見てみたい…。



白馬に泊まるのは何度目になるでしょう。

20代に仲間とのスキーと新婚旅行でホテル「ラ・ネージュ」に泊まり、

家族でペンション「ミーティア」、親戚家族とペンション「檪(kunugi)

二人でペンション「春告鳥」、娘と三人でプチホテル「アンシャンテ

7回目になるのか…。



近くの酒屋さんで買った、注文した量をボトルに入れてくれる生酒「天下八方」が美味しかった!!








[PR]

by kyoko-322 | 2018-08-19 11:31 | 旅行